山梨県訪問看護ステーション連絡協議会会則 

 

 

 (名称)

 

1条 本会は、山梨県訪問看護ステーション連絡協議会(以下「連絡協議会」という)

 

という。

 

(目的)

 

2条 連絡協議会は、訪問看護ステーション(以下「ステーション」という)の事業の発展を期するため、会員相互の連携のもとに、ステーションの円滑な運営とサービスの向上に努めることにより、社会の要請と信頼に応えることを目的とする。

 

 

 

(事業)

 

3条 連絡協議会は、前条の目的を達成するために、次に挙げる事業を行う。

 

   (1)ステーション相互の連絡調整

 

   (2)訪問看護事業に関する調査研究及び情報収集と情報交換

 

   (3)ステーション職員の資質の向上に関する事項

 

   (4)関係機関、団体との連絡調整に関する事項

 

   (5)その他連絡協議会の目的を達成するために必要な事項

 

 

 

(会員及び会費)

 

4条 連絡協議会の会員は、正会員及び特別会員とする。

 

   (1)正会員は、山梨県内のステーションの管理者とする。

 

   (2)特別会員は、指定老人訪問看護事業者及び指定訪問看護事業者とする。

 

  2 正会員は、別に定める入会金及び会費を納めなければならない。

 

 

 

(入会及び退会)

 

5条 連絡協議会に入会しようとする者は、所定の会長あて入会申込書により申し込み、総会の承諾を受けなければならない。

 

  2 会員が連絡協議会を退会しようとするときは、書面をもって会長に届け出るものとする。

 

 

 

(役員)

 

6条 連絡協議会に、次の役員を置く。

 

   (1)会長     1

 

   (2)副会長    2

 

   (3)会計     1

 

   (4)監査     1

 

   (5)支部連絡員  各支部1

 

   (6)専門委員   各23

 

  2 役員は、総会において選出する。

 

  3 支部連絡員は、訪問看護ステーションの所在地を所管する保健福祉事務所ごとに選出する。ただし、中北地区は甲府および峡中地域より選出する。

 

  4 専門委員は、「研修委員」および「広報委員」とし、総会において選出する。

 

 

 

(職務)

 

7条 会長は、連絡協議会を代表し、会務を統括する。

 

  2 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。

 

  3 会計は、会計業務を行う。

 

  4 監査は、連絡協議会の業務及び会計を監査し、会議において報告する。

 

5 支部連絡員は、訪問看護ステーションの所在地を所管する保健福祉事務所の単位ごとに、情報交換や学習・交流等の活動を統括する。

 

6 専門委員は、協議会における研修会および広報活動の企画・運営を行う。

 

 

 

(役員の任期)

 

8条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

 

  2 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

  3 役員は、辞任または任期満了の場合においても、後任者が就任するまではその職務を行わなければならない。

 

 

 

(参与)

 

9条 連絡協議会に参与を置くことができる。 

 

  2 参与は、役員会において選考し、協会の同意を得て会長が嘱託する。

 

  3 参与は、連絡協議会の諮問により、必要に応じて連絡協議会に意見を述べることができる。

 

 

 

(総会)

 

10条 協議会の会議は、総会と役員会とする。

 

  2 総会は正会員をもって構成し、定期総会と臨時総会とする。

 

  3 定期総会は毎年1回、臨時総会は必要に応じて開催するものとし、次の事項を決定する。

 

(1)事業計画及び予算に関すること。

 

   (2)事業報告及び決算に関すること。

 

   (3)役員の選出に関すること。

 

   (4)会則及び規定の改廃に関すること。

 

   (5)その他連絡協議会の運営に関する重要事項。

 

  4 役員会は、必要に応じて開催して、総会に付議すべき事項、総会において委託された事項、その他会長が必要と認めた事項について審議する。

 

 

 

(召集、定則数及び決定等)

 

11条 総会及び役員会は、会長が招集し会議の議長となる。

 

  2 総会は、正会員の過半数(委任状を含む)をもって成立する。

 

  3 会議の議事は、出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長が決するところによる。

 

 

 

(経費)

 

12条 連絡協議会の運営に要する費用は、入会金、年会費及びその他の収入をもって充てる。

 

  2 会費の額は、会議の議決を経て定める。

 

  3 支部の活動費は、支部のステーション数に応じ按分して交付する。

 

4 役員の手当て 交通費については、つぎのとおり定める。

 

(1)役員手当て   役員会ごと  1.000

 

(2)交通費手当て  役員会ごと  往復キロ数.積算単価Kmあたり30

 

但し交通費手当ては11,000円を上限とする。

 

 

 

(慶弔費)

 

13条 会員本人が死亡したとき   香料として10,000

 

  2  その他 慶弔事については会長判断とする。

 

 

 

(会計年度)

 

14条 連絡協議会の会計年度は、毎年41日に始まり翌年331日に終わる。

 

 

 

(事務局)

 

15条 連絡協議会の事務局は、会長の所属する訪問看護ステーションに置く。

 

 

 

 附則   

 

この会則は、平成928日から施行する。

 

 附則